糸紡ぎ

糸紡ぎ

糸紡ぎ

昨日の午後、秩父の「たべものや 月のうさぎ」さんのイベントに行ってきました。羅双樹木綿布の作家、中本芙沙子さんの展示と糸紡ぎ体験で糸紡ぎを教わりました。

今年、和綿の種を播いて種を増やしていき、いずれはオーガニックコットンで布ができるようになったらという思いで栽培を始めます。昨日は中本さんから茶綿の種と緑綿の種も譲っていただいたので播いてみま

す。

まだ、漠然と思い描いている夢のような思いですが、衣食住の衣の部分も種から育てて見たいと思っています。
綿の種と一緒に思いも芽を出し花を咲かせ糸を紡いで行ければいいと思います。

糸紡ぎはとても難しいのですが、中本さんは3ヶ月も練習すれば誰でもできるようになるとおっしゃられていました。
布になるまでの肯定は気が遠くなるような作業ですが、昔はこのような時間の流れの中で良いものを作り、最後まで大事に使い続けてきたのだなと思いました。

イベントの後、お夕飯にイタリアンレストラン「サルベージ」さんに行きました。
オーナーシェフの坪内さんは小川町有機農業生産グループの金子さんの「霜里農場」で研修をされて、横田農場にも見学にいらしたことがあります。坪内さんはお店で出すお野菜もご自分の農場で育てて、そしてお店も切り盛りする、凄い方です。
お料理はどれも、とても美味しくいただきました。この端境期に小川町より寒い秩父でたくさんの種類のお野菜がありました。
食べるのに夢中で、写真を取り忘れました、残念!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です