横田農場の美味しい野菜レシピ vol.24

赤カブは甘酢漬けにする以外に、何かないかな?と思って考えたレシピです。年末のお餅つきの時に、赤カブや紅芯大根をおろしたものが、とても鮮やかで美味しかったことがヒントになりました。大根とカブの甘さの違いも試してみて下さい。

お弁当のおかずにも、たれにラー油を入れたらおつまみにもなりそうです。

【材料】8枚分
大根(または赤カブ) 250〜300gくらい
片栗粉 大さじ2くらい
地粉(薄力粉や中力粉) 大さじ1くらい
ごま 適量
長ネギ(みじん切り) 10㎝分
菜種油 大さじ1
しょうゆ麹 適量

【作り方】
①大根や赤カブはすりおろしてザルにあげ、軽く水気を切っておく。
②①に片栗粉、地粉、ごま、ネギを加えてよく混ぜたら、スプーンですくって形を整えながら、油をひいたフライパンに落とす。
③両面色づくまで焼いたら、中火に落とす。蓋をして軽い蒸し焼きにしてから、また蓋をとって表面がカリッと焼けたら出来上がり。

お好みのたれで召し上がってください。
我が家はいつもしょうゆ麹です。

ちなみに、粉類を米粉や上新粉に替えても違ったモチモチ感で美味しいです♪