農業史調査

DSCN3336

明治年間に建築された蔵

昨日と今日は、地元の農業の歴史と在来種を知るために、地主さんの蔵を調査してきました。

幾つかのそれらしい発見があり、江戸後期の簡単な百姓日誌や、年貢の取立控帳、共有林の取り決めに関する書物、寄り合いでの取り決めに関する書物、そして謎の植物とその種と思われるものも出てきました。

古文書に関してはほとんど読めないので、明日は小川町史編纂室の方にお見せして、色々とお話を聞いてくる予定です。

果たしてどんなことが書かれているでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です