年明けのお野菜

寒さに耐える聖護院大根

年明けのお野菜。だいぶ霜にあたり、痛みが目立ってきた野菜が増えてきました。
最初の写真2枚は聖護院大根。 こちらは野口種苗から今年買ったもの。野口種苗の種は若干交配気味ですが寒さに強く、葉も未だ元気です。
種採りはこちらでしようと思っています。

 

 

 

 

紅芯大根。紅芯大根も霜げて(霜に当たって痛むこと)大分痛んでいますが、ギリギリ生きている感じです。痛みが軽いものは、本当に美味いです。

 

 

カリフラワー。自分の葉に守られて本当にゆっくりと育っています。 マイナス10度の中でも、霜げないのには少し驚いています。


この時期は、葉物が少なくなり、根菜が多くなってゆきます。今日の野菜も根菜が中心です。
寒さに当たると、次の世代を残す為か、根の方に養分をためるようです。寒さに当たると根菜類は栄養を増し、味もより美味しくなります。その一方で葉物がなくなる。葉物は暖かい時によく育ち、葉に栄養があります。
つまり、季節のものを食べるということは、一番栄養があって一番美味しい部分を頂くということ。

だからこそ、野菜の季節を知ることは自分や大切な人の心と体の健康づくりにとても大切な事だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です