日々」カテゴリーアーカイブ

有機農業とは持続可能な社会を実現するための手段です。

有機農業とは持続可能な社会を実現するための手段です。
が、実際のところは「オトナの事情」と言って、目をそらしていることが多すぎるような気がします。

横田農場は、
*6年前から畑にビニールを張るのをやめました。
*F1改良品種をはじめ、資源の多投を許容する品種を作るのをやめ、自家採種を作付けの7割まで増やしました。
*化学肥料や農薬など、有限な採掘資源を使わないだけでなく、それらによって生産された有機資源(食物残渣、家畜糞尿、紙マルチ、分解性マルチ)を利用することもやめました。
*地域の自然や文化の多様性を取り戻すために、在来種の復活に取り組み、6年間で10品種ほどのタネを発見し、守り繋いでいます。

有機農業を志した者として、地道に持続可能性を追及してきました。
ただ、ここまでやって燃料を手放せない。
昨日、横田農場で、ちょうどこの課題を話し合ったばかりでした。

電動のトラクターがあれば良いのか。
天ぷら油の廃油を使えば良いのか。
馬耕にするのか。

電動化のための技術的な/価格的なブレイクスルーを待つというのは、他人に問題の解決を委ねているだけにしかならない。
天ぷら油は、そもそも大量に捨てるほど利用できるのがおかしい。
馬耕では、野菜をみんなが買える値段で売れなくなる。

ジレンマです。もはやこの社会や経済という前提条件がそもそも間違っていると思うしかない。

それは、農家一個人では解決しない大きな問題で、今までずっと見て見ぬ振りをしてきたツケだと思うのです。

そして、みんなで解決するしかないのなら、世の中に現場の問題や課題を訴えかけ、対話(コミュニケーション)をしよう。
それを再確認しました。

自分の立場を押し付けるのはやめよう。問題に真に向き合うには、コミュニケーションをしなければ。

16歳の少女にできるなら、オトナにもできるはず。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190924/k10012095931000.html?cid=nwebhk-tvqc

トマトの種とり

トマトの種とり

トマトのタネをとりました。
形や色艶はもちろん、割れづらく、最後まで病気にかからずに残ったものからタネをとります。
といっても、ちょっとだけいい加減にやります。これが一番大事。
「いい加減」が遺伝子的なバラツキを生み、種(しゅ)全体を強くします。同じ形質のものばかりを残して種をとると、どんどん弱くなってしまいます。

「いい加減」は、地球上の生物の進化に秘められた生存戦略のお手本みたいなものです。
世の中、「いい加減」が通用しなくなってますが、加減が一方に偏った世の中ほど、心もとない物はないですね。
人間社会は、雑多な価値観に満ち溢れているからこそ、様々な文化が花開くわけですから。

と、まあこんなこと書きながら、実は最後に収穫したやつからホイホイと選んできただけだったりして。

来年、より力強いタネになりますように。

#トマト
#種
#種とり

種まき

種まき

小松菜、水菜、サラダからし菜、ルッコラ、かつお菜、ハクサイのタネを。
人参はやっと蒔けました。

今年は雨でほとんど耕せなかったので、畑の準備が遅め。

ダイコンとカブを蒔きたいこの頃。

#種まき

大豆

大豆

大きくなってきました。
今年は開花が遅く、やっと花を付けてくれました。
この頃になると、枝豆の甘い香りが漂って来るんです。

ところで、10月13日、枝豆まつり計画中です。地ビールと一緒に在来大豆の枝豆を味わっちゃいましょう!
告知は後ほど。

#青山在来大豆
#青山在来

草刈り

草刈り

今年は天候に恵まれず、火がついたように一気に草だらけ。
一度草にするとタネをこぼし、来年にも響くので、手痛い残火となります。

草をよそに大豆の管理を優先していたので、しょうがないっちゃしょうがない。

この変な天候がこれからも続くと思うと辛いなあと。

#畑

麦茶が出来上がりました!

麦茶が出来上がりました!

横田農場の麦茶の焙煎は、隣町の職人さんにお願いしています。
職人さんは不二農産加工所の藤野さん。
戦前に先代が油絞りを始めて以来、地域の農産物加工を今でも請け負っている工房です。

藤野さん曰く、「麦茶は、浅煎りがいい。色を出すのに深煎りすると、麦の味も香りも無くなってしまう。」と。

先代の始めた油絞りは、前後に油を絞るためのアブラナやゴマを作る近隣の農家が減ったことで、千葉から落花生を仕入れて落花生油を絞り始めました。焙煎はその落花生を煎りはじめたのが始まり。
以来、半世紀以上を焙煎に捧げてきた藤野さん。

大麦の香りと味を損なわない焙煎香。藤野さんならではの味。地域の大切な文化です。

近所に職人さんがいるのは財産です。
その麦茶の色を見るたびに、自分の生まれた場所、そしてアイデンティティの成り立ちを思い起こさせてくれる。文化とはそういうものだと思うのです。

今では地域の小さな加工所、そしてその職人さんは数えるほどになってしまいました。
ここ、富士農産加工所も後継がいません。

あとつぎ、募集中でなのです!